cc

別れさせ屋(復縁屋)への返金相談に関するお問い合わせ

弊所では,日々,違法な契約に基づいて支払う羽目になったお金に関する様々な内容の返金相談をお受けしております。

近時,報酬を得て男女の仲を清算させたり,復縁させたりする工作を行う探偵や興信所(いわゆる「別れさせ屋」や「復縁屋」)が跋扈しています。このような業者に対する返金相談が飛躍的に増加しており,同様の問題を抱えてお困りの方が潜在的に大勢いらっしゃるのではないかと考え,以下のような相談事例をご紹介させていただきます。

≪別れさせ屋(復縁屋)への返金相談事例≫

相談者:30代女性 Aさん
相談内容:Aさんが好意を寄せていた男性(Mさん)には,本命の彼女(Sさん)がいた。
Aさんは,Mさんとは日頃から懇意にしており,二人で飲みに行くほどの仲ではあったものの,その際にはいつもSさんの愚痴を聞かされるなど,MさんはAさんを異性としてみているとはいえない状況であった。
そんな折,Aさんは,「どうにかして Mさんと結ばれたい。」という強い思いから,ついに『別れさせ屋』と呼ばれる興信所に「MさんとSさんを別れさせて欲しい。」と依頼した。この時点で支払った料金は30万円。
興信所からは定期的に進捗の報告はあったが,「まだ破局に至っていない。」との内容ばかりであった。そして,依頼から1年が経過したところで,「これ以上工作活動を継続しても破局させることができないので終了する。」と一方的に通告され,業務終結となった。
興信所に対して支払った報酬額・費用は,総額350万円。
興信所の報告には,「手段は問わないという依頼であったため,別の女性をコンタクトさせ,Mさんが浮気するよう仕向けた。ところが,浮気させることには成功したものの,Sさんとは破局しに至らなかった。これ以上は不可能だと判断したので終了するが,連日,Mさんとの接触のために工作活動を展開しており,そのための費用も含めると350万円という金額は妥当である」とあった。
Aさんとしても,依頼内容が第三者にとても相談できない内容であったため,料金に関して誰にも相談できず,高額すぎると思いながらもMさんと交際したい一心から,請求される度に数十万単位で興信所に支払っていた。
しかし,契約締結の際には,高額な費用が発生するとは聞かされていなかった。結局,依頼内容が成功しなかった訳だし,そもそも女性がMさんと肉体関係を持って別れさせるという内容の契約は公序良俗に反する内容であり,無効ではないのか。
返金請求できるならば行いたい。

以上のように,多額のお金を支払された方からのご相談が多数寄せられています。
弊所では,無料相談で対応させていただいておりますので,別れさせ屋にお支払された金員に関するお悩みがある方は,まずはお気軽にお問い合わせください。