cc

情報商材被害の返金交渉に強い弁護士

ネット商材・高額塾・ネットビジネスや、アフィリエイトといった、いわゆる情報商材を購入したものの、その内容が宣伝広告の内容と大きく異なっていた場合などに、販売業者に対して支払った代金の返金請求をすることができる場合があります。

しかし、被害者自身が返金交渉を業者と行っても、結果として返金されないことの方が多いのが実態です。
このようなときに,この手の事案の経験が豊富な弁護士が被害者を代理し、被害者に代わって返金交渉を行うと,返金が実現することが少なくありません。

当事務所は、いわゆる情報商材に関する案件を多数扱っており、返金交渉に関しても多大なノウハウを有しております。

まずは無料相談を行っていますので、お気軽にご相談ください。

弁護士に返金交渉を依頼するメリット

弁護士に返金交渉を依頼するメリットとしては、以下のようなことがあります。

  • 詐欺被害の返金交渉に強い弁護士が対応することで、スピーディーに解決する可能性があります。
  • 業者との返金交渉の煩わしさから解放されます。

当弁護士事務所に多く寄せられるその他の返金相談

当弁護士事務所では,情報商材に関する返金相談のほかにも,以下のような内容のご相談が増加しています。
こちらの記事をご覧の方でも,心当たりがある方は,お気軽にご相談ください。
相談を受けた案件の中には,1000万円もの支払済み金額が全額返金されたという事例もございますので,諦めずにまずはご相談ください。

  • 仮想通貨投資詐欺返金に関して
    仮想通貨への投資詐欺によるご相談、とくに知人の紹介による仮想通貨トラブルが急増しており「数か月後に必ず値上がりする通貨」「3倍以上の価値になる保証」などと偽って、投資話を持ち掛け金員を搾取する事件が横行しております。
    名刺に記載されていた情報はでたらめ、販売者や担当が次々と変更される、このような販売者は偽名や偽装会社・或いは海外に法人登記してあることがあり、通常の返金対応ではまず返金される事はありません。
  • メール詐欺、出会い系詐欺、占い詐欺返金に関して
    遺産譲渡や支援金、義捐金を受け取れると誘惑し、手続き費用などの名目でお金を騙し取られる被害、出会い系で文字化け解除やシステム構築名目でお金やポイントを騙し取られる被害、電話占いによる高額祈祷費用や過剰請求等の被害、プリペイドカードによる支払いや海外法人による運営等の問題により通常の返金対応ではまず返金される事はありません。

また,上記以外にも,例えば,他人に損害賠償請求を行うにあたり,行政書士に代理業務を委託した場合などは,行政書士との契約が非弁(違法)行為を内容とするもので違法とされることがあります。このような場合には,すでに行政書士に支払ったお金の返還請求を行えることもありますので,気軽にご相談ください。

いずれの相談につきましても,相談は全て無料で対応させていただきますので,お気軽にお問い合わせください。
なお,返金には時効などの法定期間が設けられていますので,お早めのご相談をお待ちしております。